【ふじふじ太の詳しい物件紹介⑬】ベイズタワー&ガーデン16F/62.1㎡/2LDK/北向き/9,980万円【募集中】

news

2024.05.12
  • お知らせ
  • コラム

こんにちは!
ふじふじ太です!

 

本日ご紹介するのは、再開発が期待される豊洲6丁目の免震・制震ハイブリッドタワーマンション、ベイズタワー&ガーデンです!

 

湾岸エリアでもトップクラスのハイサッシュ採用で、北向きでも明るく開放感のある居住空間が特徴!
なんとサッシ高は2450mmmです!

 

さらに、湾岸イチの広さを誇る巨大なキッズガーデンと、デザイン性が高い最上階のバーラウンジに加え、お隣のスカイズと共用施設を共有できる点も嬉しいですね!

 

2016年築で豊洲エリアの中でもまだ築浅の方であり、専有部・共用部共にスタイリッシュでハイグレードな生活を楽しむことができます。

 

水辺と緑溢れる閑静な周辺環境も魅力のひとつであり、公園も近く、ディンクスさんや子育て世代にも是非おすすめのマンションです!

 

豊洲エリアに住みたい、資産性の高いタワーマンションを買いたい、専有部のグレード感にもこだわりつつ、眺望が良くて共用部が豊富なマンションに住みたいという方は必見です!

 

SUUMO募集ページはこちら

 

 

本コラムでは、ポータルサイトだけでは伝えきれないお部屋の特徴やお勧めポイントをわかりやすくお伝えしていきます!

ご購入をご検討されている方は必見です!

 

<<物件概要>>
住所:東京都江東区豊洲6-2-29
最寄り駅:新交通ゆりかもめ「新豊洲」駅徒歩6分
築年数:2016年6月築
総戸数:550戸
階数:地上32階建
分譲会社:三井不動産レジデンシャルサービス他
施工会社:清水建設株式会社
管理会社:株式会社東京建物アメニティサポート
小学校学区:江東区立豊洲西小学校

 

 

<ベイズタワー&ガーデン写真集>

外観

 

エントランス

 

コリドー

 

ベイサイドラウンジ

 

最上階バーラウンジ

 

最上階パーティースペース

 

屋上スカイデッキ

 

キッズガーデン

 

当該間取り図

 

 

 

<ベイズタワー&ガーデン最新マーケットグラフ>

 

グラフをご覧の通り、直近での価格上昇が著しいマンションです。

 

ベイズは前年同月比で見ると、なんと驚異の+47%です!
ざっくり去年の1.5倍ということです。

 

 

おすすめポイント① 抜け感のある東電堀の水辺を望む眺望

 

眺望写真集はこちら!
朝日から夜までの眺望の移り変わりをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかくタワーマンションに住むなら水辺を見たい、抜け感が欲しいという方も多いと思います。

こちらのお部屋は眺望必須の方にとってもご満足いただける眺望です。

 

 

16階という階数は高すぎず低すぎず、水辺の雰囲気や地上の賑わいを感じることができつつ、空の広さも感じられるという点で、オーナー様もお気に入りの眺望とのことでした。

 

当該部屋は北向きですが、本物件の同階の中で最も東側(角部屋除く)の部屋位置のため、北側に建っている賃貸マンションはほとんど気になりません。

 

 

バルコニーはクリアガラスを採用しており、お部屋の中からもで抜け感のある眺望を楽しむことができます。

 

 

 

 

 

おすすめポイント② 上質な3D空間!サッシュ高は驚異の2,450mm!

 

一般的なタワーマンションでもサッシュ高が約2,100~2,200あればハイサッシュと言われるのですが、ベイズは驚異の約2,450mmです!

 

 

 

最大天井高約2,500mmは一般的な水準であるものの、約2,450mmのサッシ高はタワマン史上最高クラスのクオリティと言っても過言ではありません。

写真をご覧の通り、天井高とサッシ高がほとんど変わらない感じに見えます。

 

順梁り構造でこのハイサッシュは、新築販売時でも傑作だ!これはすごい!と話題になっておりましたね。

 

他のマンションに比べると、室内に入室した瞬間の開放感が違うと感じることでしょう。

 

それはこのハイサッシュによる開放感と、さらにバルコニーのクリアガラスという鬼に金棒とも言える組み合わせがあってこそです。

 

 

当該部屋は北向きではあるものの、ハイサッシュで取り込む光が多いという点で、他のタワマンの北向きに比べても明るく開放感のある居住空間が魅力です!

 

 

 

おすすめポイント③ 廊下が狭くアウトフレームの整形間取り

 

以下間取りをご覧頂くと、廊下が狭く無駄なデッドスペースがほとんどありません。

 

さらに専有面積は62.1㎡で、ベイズの中では最も広い2LDKタイプです。(標準仕様前提)
ベイズは55㎡〜58㎡程度の2LDKが多いです。

 

よって、比較的ゆとりのある2LDKに住みたいという方におすすめです。
間取りの良さとハイサッシュの開放感もあり、専有面積以上に広く感じることでしょう。

 

 

 

バルコニーの柱が居住スペースの外にある(アウトフレーム)ため、長方形で非常に使いやすく、家具の配置がしやすい間取りです。

 

カップボード、WIC、TRと収納も十分で、浴室サイズは1418で一般的なファミリーサイズの浴室です。

カウンターキッチンと15.2畳の広々LDKも魅力です!

 

キッチンはディスポーザー、食洗機付きです。

 

 

 

60㎡前後の2LDKは汎用性が高く、将来的にも流動性が高い間取りと言われております。
単身、ディンクス、子育て世代、リタイア世代に幅広く人気がある間取りであるためです。

資産性が気になるという方にとっても安心感のあるお部屋です。

 

 

 

おすすめポイント④ 豊富な共用施設!スカイズと共有可能!

 

スカイズとベイズは姉妹マンションという位置付けであり、共用部を共有することができます。

つまり、スカイズにあるプール、ジム、スタディールームなども共有できるという訳です。
唯一無二の共用部と言えば、天体観測ドームですね!

スカイズベイズの共用部を合わせると、湾岸エリアでもトップクラスの共用部の充実度と言っても過言ではございません。

 

スカイズ共用写真集はこちら!

ジム

 

スタディールーム

 

コンビニ

 

スカイラウンジ

 

天体観測ドーム

 

プール

 

スカイデッキ

 

1階ラウンジ

 

 

 

もはや使いきれないくらいの共用部ですね!

デザイン性も素晴らしい。

 

 

 

おすすめポイント⑤ 広大な公開空地と水と緑豊かな周辺環境

 

ベイズが立地している豊洲6丁目は、やや駅から離れる分、緑豊かな閑静な住環境が魅力です。

 

総開発面積約3.2haの約46%を緑地空間とした敷地計画で、ゆとりある設計となっており、豊洲6丁目に行くだけで何だか心が安らぐ気分になるのは私だけではないと思います。

 

都心の雑多な雰囲気は一切ありません。
まさに都心部に近いオアシスのような場所です。

 

 

 

 

 

 

敷地の隣には広大な豊洲6丁目公園もあります。

お子様と一緒に遊ぶことができる広大な公園が近くにあるというのは子育て世代にとっては大変ありがたいですね。
写真では見えにくいですがちゃんと遊具もあります。

 

公園も含めた一体開発「東京ワンダフルプロジェクト」となっており、マンション・緑地・水景・公園が見事にマッチした住環境をぜひご堪能ください。

 

 

おすすめポイント⑥ 豊洲6丁目の再開発の期待

 

豊洲6丁目は今後の再開発にも期待が寄せられています。

直近での一番の目玉と言えば、東京ガスが発表した「循環型未来都市構想」ですね!

 

新豊洲で2025年より大規模開発へ 東京ガスが発表した循環型未来都市構想

<引用:とよすとブログ 新豊洲で2025年より大規模開発へ>

 

すでに再開発の外観パースが発表されておりますが、かなり大規模な再開発になります。
外観パースをみる限り、オフィスビルやタワーマンション?も建設される可能性がありそうです。
※現時点では詳細は未定です。

 

不動産マーケットのセオリーとして、大規模再開発が行われるエリアは価格が上昇する傾向があります。
もっと言うと、再開発が具体的になればなるほどインパクトがある印象です。

 

最近だと築地市場跡地の再開発の具体的な発表がありましたが、その影響でまた中央区湾岸の価格の値上げラッシュが起きました。

 

東京ガスの再開発もまだ解像度が低いので、現時点では市場へのインパクトはさほど強くないように感じますが、この再開発が具体化したりメディアで大きく取り上げられるようになれば、豊洲はさらに価格が上がっていく可能性を秘めているのではないかと個人的に予想しております。

 

ただ、今ある仮設の施設が閉鎖されるのは残念ですね。。
個人的にはサイタブリアやワイルドマジックはよく利用しておりましたので。。

 

 

今後より良い施設ができることに期待です!

 

さらにさらに!現在の「市場前駅」近くに臨海地下鉄新線「豊洲市場駅(仮称)」が通る計画となっております!

ベイズからは約13分前後の距離感です。

 

 

 

 

駅近というほどではないですが、駅が開通すれば生活利便性が向上することは間違いないでしょう。

 

ただ、駅の開通はまだ少なくとも10年以上先ですから、今のところはまだ現実味が湧かないですね。
開通は2040年前後と言われております。

 

住んでからの利便性UPに期待するというよりは、再開発による将来的な資産性向上に期待するというニュアンスでご検討されるイメージでしょうか。

 

 

 

最近では千客万来が完成したことも記憶に新しいですね。
豊洲6丁目は今でも十分楽しいエリアですが、これからさらに人が集まり、ますます楽しいエリアになっていきそうです!

 

 

また、ふじふじ太公式インスタグラムでもベイズをご紹介いたしました!

(実はひっそりはじております)

 

 

 

 

 

以上、「ふじふじ太の詳しい物件紹介・ベイズタワー&ガーデン16階」でした!

ご内覧のお問い合わせお待ちしております!

 

物件の詳細・お問い合わせはこちら!

ご内覧のご予約お待ちしております!

ラインでの相談も受付中!

 

RECOMMENDおすすめ記事